長くラブラブなカップルでいるために意識したいポイント4つ

   

大好きな人と付き合うなら、もちろんいつまでもラブラブでいたいと思いますよね。ほとんどの女子がそう思うものだと思います。恋愛は付き合ってからも勝負!いつまでもラブラブなカップルでいるための方法をご紹介します。

相手を理解しよう

出典:theodysseyonline.com

まず当たり前のことですが、相手を理解すること。これをやらなければいつまでも仲のいい二人でいられるはずはありません。相手を知ることからまずは始めましょう。

男女の違いも含め理解しよう

男性と女性では思考自体が違うと言われていますが、そこを含め理解しましょう。『なんで男ってこうなの!』と思うこともあるでしょうが、それすらも理解しておくことがいつまでも仲良しでいるための秘訣です。

相手を信じよう

出典:newcreations.com.au

恋愛において、相手を不安に思うシチュエーションは多々あります。ついつい疑いたくなるような場面も出てくることでしょう。そんな時こそ相手を信じるようにしましょう。

相手を信じるためには自分を知ってもらう必要がある

簡単に”信じる”といっても、相手を信じるためには相手の想いや考えをある程度理解する必要があります。理解できているから信用できるんですよね。

そのぶん、自分のことも理解され、信じてもらうことに繋がります。
お互いのことを信用することができれば、二人の間には切っても切れないような絆が生まれることでしょう。

相手を依存させよう

出典:www.newhdwallpapers.in

実は女性だけでなく、男性も同じくらい相手に依存する傾向があります。一緒にいる時間を増やし、あなたがいなくてはダメというくらい依存させることができれば長続きするでしょう。

新しい自分でいよう

出典:www.flickr.com

相手を飽きさせないことも長続きする上で必要なことです。二人の関係をマンネリ化させないために、新しいあなたでいることは刺激になります。

相手を飽きさせないようにしよう

単純に初めは見た目の変化だけでも大丈夫です。それだけでなく自分自身、人として成長していっている・新しい自分になっていることを相手にわかりやすく伝えることで、相手を飽きさせることがありません。

いつまでもラブラブなカップルに!

出典:www.telegraph.co.uk

長く仲良しな二人でいたいと思えど、なかなか難しいもの。なんとなく過ごしているだけでは、どうしても愛情は薄れていってしまいがちです。

そうならないためにも、少し意識して毎日を過ごすようにしてみましょう。

 - 恋愛

スポンサードリンク

  ピックアップ

  関連記事

sam
夕食から翌日の朝食まで半日空けるだけ!?12時間ダイエットが流行る予感♪

シンプルながらストレスフリーで続けられると話題のダイエット、12時間ダイエットは …

tumblr_o2qd5g2H2e1v4ytz1o1_1280-768x577
毎朝レモンウォーターを飲むだけ!簡単ダイエットでお肌もつるつるに♪

レモンを絞った水を毎朝1杯飲むだけでダイエット効果があることはご存知でしたか?ス …

sam
寝る前に食べ物を食べると…なんと痩せる!?驚きの食べ物の効果が凄い

寝る前に食べると太る。誰に言われるまでもなく、気づけば知っていたというレベルの常 …

4
まだまだペールトーンコーデが熱い!大人かわいいペールトーンコーデを着こなそう

かわいくて上品なコーディネートができるとして、最近オトナ女子に人気のペールトーン …

aa99aa99
40歳の私が20代に見られるようになったのは大人気モデルが絶賛するスキンケアのおかげでした♡

[PR]第一三共ヘルスケア

2
当てはまったらやばいかも…「おでぶ」にありがちな習慣をチェック!

自分が太っていることを「遺伝だから」と諦めていませんか?でもそれって実は言い訳か …

1
夏までに目指せ脚痩せ!太もも痩せに効果的な内転筋エクササイズ

もうすぐ夏本番!それなのに冬にたっぷりと蓄えられたお肉で、太ももがムチムチ…なん …

Portrait of a young woman brushing her hair --- Image by © A. Chederros/Onoky/Corbis
朝、5分あればできる!美しい髪に仕上げるための簡単なテクニック

女性にとって髪は命、と言われるほど髪から伝わる印象は大きいですよね。そんな女子た …

th_01
ネイル+手元コーデでワンランク上のオシャレを演出♪

あなたはオシャレをする時、どこを意識していますか?

3
呼吸で運気があがる!?噂のピンクの呼吸法とは

運気の上がる呼吸法があることをご存知ですか?最近のヨガブームからもわかるように、 …