働く女子がやりがち!男性が嫌がる話題3選

   

学生の頃までとは違い、仕事を始めると男性との会話の内容も変わってきますよね。大人に近づいた証でもあるのですが、だからこそ注意したい発言があります。これをしてしまっては非モテ女子への1っ歩目となってしまうかも!

1.業界用語を使う

出典:www.lovepanky.com

一番多いのがこちらです。特に技術系の会社に入社すると、業界独自の言葉が数多く存在します。
あたかも自慢するかのように業界用語を織り交ぜて話をされると、特に異業界の男性からするとイラッとしてしまいます。

誰にでもわかりやすい言葉遣いを

例で言うと、最近ではIT関連のお仕事に就く女性も増えてきていると思いますが、IT業界では専門的でカタカナの言葉がとても多く存在します。
業界的には当たり前の用語でも、他の業種の方からするとわからないのが普通のこと。

誰が聞いてもわかる用語を使って説明出来る、これこそが本当にデキる人の話し方なので意識するようにしましょう。

2.クライアントの愚痴

出典:www.anoptimistic.com

こちらも仕事を始めるとついつい口から出てしまいます。特に女性は愚痴や陰口を会話のネタに盛り上がることが多いですが、男性には絶対にしないようにしましょう。特に仕事のクライアントのことなら尚更です。

信用をなくしてしまうかも

いくら気の知れた男性でも、愚痴を聞くこと自体あまりいい気分になるものではありません。それがクライアントの愚痴となると、あなたの職場での対応に不安を抱いてしまいます。

どうしても愚痴を言いたくなった時は、仲の良い女友達にだけするようにしましょう。

3.忙しいアピール

出典:slism.com

仕事だけでなく、休日も遊びの予定でぎっしり。とにかく暇な時がなく忙しい、なんてリア充アピールをされる発言も男性をイラッとさせる原因の一つです。

逆に余裕のある女性を演出しよう

仮に本当に仕事が忙しく、暇な時間がないという場合もあることでしょう。そんな時は、あえて忙しいという言葉を自ら言わず、相手に誘われたりしたら『調整してみる』などと返答した方が本当のデキる人で、男性からの印象も良くなります♪

仕事の会話をしないことも解決策の一つ!

出典:www.beautyandfashionfreaks.com

仕事の会話となると、少なくとも男性の方も自分の仕事観と照らし合わせてあなたの話を聞くことになります。特に男性は、仕事に対して特別な思いを抱いている人が多い為、女性の捉え方と大きく違う場合が多々有ります。

あえて自分が不利になるような状況に追い込んでしまい、損をしてしまう可能性も出てきてしまいます。気になる男性とは仕事の話をしないようにする、と言うのも解決策の一つであることを覚えておきましょう。

 - 恋愛

スポンサードリンク

  ピックアップ

  関連記事

th_7
美しさはお風呂上がりのケアで決まる!お風呂上がりにやっておきたい美容ケアまとめ

女性の多くは、普段からスキンケアをはじめとした様々な美容ケアを行っていると思いま …

2
女性必見!骨盤底筋力を鍛えるとメリットだらけ!

子宮や膀胱などの内臓を支える、骨盤の底にある筋肉である骨盤底筋力。最近はこの骨盤 …

th_画像1
ウェット感が色っぽい!話題の濡れ肌メイクとは?

ウェットメイクを自在に操り、色っぽい濡れ肌を手に!ウェットヘアというのが流行った …

th_zyosi
今日から実践!いつまでも美しい「美魔女」が続けている3つのこと

女性はいつまでも老けずに、美しくいたいものですよね。テレビに出ている女優さんなど …

6
美容院に行かなくても大丈夫!自宅で簡単セルフヘッドスパのやり方を紹介

美しい髪の毛は頭皮から、という言葉があるように、髪を良い状態に保つためには頭皮の …

th_1
身体を芯から温める!話題の温活「シャワーお灸」とは?

毎日寒い日が続いていますね。底冷えするような寒さに、身体も冷えて参ってしまってい …

sam
美しい人はみんな食べている!世界三大美女が愛した美容に良い3つの食べ物

世界三大美女であるクレオパトラ、楊貴妃、小野小町の3人は美容のためにある食材を好 …

sam
夕食から翌日の朝食まで半日空けるだけ!?12時間ダイエットが流行る予感♪

シンプルながらストレスフリーで続けられると話題のダイエット、12時間ダイエットは …

1
誰からも可愛くてキレイって見られたい♡大人っぽい前髪スタイル3選

髪型をずっと変えていない…という人いませんか? 特に前髪は一度伸ばしてしまうとな …

2
当てはまったらやばいかも…「おでぶ」にありがちな習慣をチェック!

自分が太っていることを「遺伝だから」と諦めていませんか?でもそれって実は言い訳か …