男心を掴むには別れ際が肝心!デートの別れ際に抑えておきたい4つの行動

 

楽しかったデートの別れ際、あなたはいつもどのように彼氏と別れていますか?「遠足は帰るまでが遠足」といいますが、デートも同じ。自分の家に入るまで気を抜いてはいけません。

出典:We Heart It

むしろ男心をがっちりつかむには、デートの別れ際が肝心と言われています。今回はデートの別れ際に押さえておきたい4つの行動を、紹介したいと思います。

一日のデートを振り返る

出典:We Heart It

デートの別れ際、その日楽しかったこと、嬉しかったことをきちんと口に出して彼に伝えましょう。連れて行ってくれた場所いいところだったね、プレゼントしてくれてありがとう、またあそこのレストランいきたいね…などなど。
 
デートの感想を口に出して伝えることで、彼はちゃんと楽しんでくれたんだ、と実感することができます。一日楽しかったという気持ちでデートを締めくくるためにも、きちんと相手に感謝の気持ちを伝えてお別れしましょう。

帰りの電車やバスを一本見送る

公共の交通機関を使っている場合のテクニックですが、何時の電車やバスに乗る!と宣言したものから、一本遅い時間の物に乗るようにしましょう。
 
別れ際に話をたくさんして「あっ、バス(電車)いっちゃった…」といった反応をしてみます。自分との話が楽しくてついついバスや電車を逃してしまった彼女のことを、彼氏はきっとかわいいやつ、と思ってくれるはずです。
 
もちろん時間などには気を付け、見送る本数も精々一本程度に留めておきましょう。あまり別れ際にだらだらするのもよくありません。

名残惜しそうにする

別れ際に、ちょっと名残惜しそうにしてみてください。あまり本格的にごねたりすると面倒な女とみなされてしまうので、あくまでさりげなく…会話の端々に滲ませるくらいがちょうどいいです。
 
例えば「今日すっごく楽しかったから、明日の仕事憂鬱だな」や「一日時間が経つのがすごく早かったね」といった会話が効果的です。まだ楽しい時間の中にいたい、という旨を彼氏に伝えると、相手もとてもうれしい気持ちになるものです。

彼が見えなくなるまで見送る

彼が電車などに乗るにしても、自分が乗るにしても、彼の姿が見えなくなるまできちんとお見送りをしましょう。
 
それじゃあバイバイと別れてふと後ろを振り返ってみたら、そこにはもう誰もいなかった…というのは、なかなか寂しいものです。特に彼氏のことを見送る場合は、バスや電車、車などが見えなくなるまできちんとお見送りしてあげましょう。

デートの最後まで抜かりなく!

出典:We Heart It

デートの別れ際に押さえておきたい4つの行動を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。楽しかったデートが終わっても、彼も自分も幸せな気持ちでいるためには、別れ際の行動がとても大切になります。是非この記事を参考に、デートの際には実践してみてください。

 - 恋愛

スポンサードリンク

  ピックアップ

  関連記事

3
ついついやってない?唇を乾燥させるNG習慣

多くの女性が悩む、唇の乾燥。空気が乾燥する冬場はもちろんですが、年中唇がカサカサ …

no image
肌がグンっと上を向く!!たるみを解消させて速攻で若返らせるハリ肌ケアが今だけ半額♡
ec0013
【ぷるツヤ過ぎ注意】ダレノガレ、みちょぱらモデルがこぞって使う超話題のゲルが一般発売され、SNSで大きな話題に

誰もが触りたくなるような「ぷるぷるでツヤツヤな肌」! やっぱり憧れてしまいますよ …

gs0001
ダイエットなのに胸まで大きくなる!?女性らしいモテBODYのための裏技が凄すぎる…!
girl-camera-legs-768x512
太い足なんて言わせない!美脚を手に入れる為のセルライト解消法!

春から夏にかけて足を出すファッションが多くなってくると思います。そんなときにセル …

th_7
美しさはお風呂上がりのケアで決まる!お風呂上がりにやっておきたい美容ケアまとめ

女性の多くは、普段からスキンケアをはじめとした様々な美容ケアを行っていると思いま …

no image
この肌で46歳!?まるで20代のような美肌を保っている美魔女が実践するたった一つの小さな習慣
th_画像1
ウェット感が色っぽい!話題の濡れ肌メイクとは?

ウェットメイクを自在に操り、色っぽい濡れ肌を手に!ウェットヘアというのが流行った …

ppl0003
【注意!】その乾燥、放っておくとこんなに危険な事が…。”どんなに保湿しても物足りない”人のためのスキンケア

本格的に乾燥が気になる時期…。

ka0001
鼻の黒ずみを速攻でつるつるにして至近距離でも愛される肌へ!

どんなにケアをしても毛穴の黒ずみって気になりますよね。 特に鼻の黒ずみはもう最悪 …