意外な男性の本音が丸わかり!男が嫌がる女性の言葉

 

ふとした拍子に言った言葉が原因で、彼氏と大喧嘩に発展してしまったという経験はありませんか?女性にとってはなんのけなしに言った言葉でも、男性側からするととても気に障る言葉というものがあります。

出典:We Heart It

また今は喧嘩したことがないという人も、実はあなたの発言によって彼氏は日々フラストレーションが溜まっているかもしれません。それが爆発して大喧嘩…とならないためにも、女性は男性が嫌がる言葉を知っておく必要があります。

他者と比較するような言葉

出典:We Heart It

他者と比べられるような言葉は、誰でも気分は良くないものです。男性は女性からカッコよく見られていたい欲求が強い生き物なので、他の人と比べられるような言葉をとても嫌います。
 
特に身近な同性の知人と比べるような発言は、絶対にNG。また兄弟がいる男性の方が、この言葉にカチンとくる人が多いようです。昔からどうしても兄弟と比べられてきたため、そういった発言には敏感になっているのでしょう。

男らしさに関する発言

出典:We Heart It

最近は女性に「女だから」、「女のくせに」という旨の発言をすると、セクハラや差別だととられてしまいますよね。しかしこれは、逆もまた然りです。
 
女性が「女だから」といわれると不愉快になるのと同じように、最近は男性側も男なのに、男だからと言われるのをとても嫌います。男のくせに女々しい、と思いましたか?その考えこそが誤りなんです。

でも、だってという一言

出典:We Heart It

例えば彼に欠点や悪い点を指摘された際に、いつも「でも」、「だって」という言葉を使ってはいませんか?多少のわがままはかわいいで済まされるかもしれませんが、あまりにこの言葉を多用しているようだと、彼はうんざりしているかもしれません。
 
また「○○でもいいよ」という話し方も、男性からするとちょっとモヤッとしてしまうようです。妥協している感が強く出てしまうからでしょうね。

趣味や趣向に対する余計な一言

彼女が自分の趣味や趣向に理解がない場合、よく口にされるのが「なにが楽しいの?」、「またそれ?」という言葉です。
 
彼女としては自分にもうちょっとかまってほしい、という気持ちの表れのつもりで言っているのかもしれませんが、好きなものに対してそのような言動をされるというのは、非常に面白くないものです。趣味と私どっちが大事なの!という旨の発言も、男性はげんなりしてしまいます。何事もお互いの価値観を認め合うことが大切になります。

まとめ

出典:We Heart It

男が嫌がる女性の言葉について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。女性にとっては何気ない一言でも、男性の心をささくれ立たせる言葉は意外と多いです。
 
大切な彼と喧嘩になる前に、きちんと言葉を考えて発言はするようにしましょう。

 - 未分類

スポンサードリンク

  ピックアップ

  関連記事

sdfs
98%の人がシミに効果を実感したノーベル科学賞を受賞した成分の実力が凄すぎる!

[PR]BIHAKU 気が付けば増えてしまっているシミ…。 色々なスキンケアを試 …

bup2
その貧乳そのままでいいの?AAカップだった私がバストアップを成功させた唯一の方法がこれでした♡
54c20138bda52b11c6240d230a14b73f
モテるだけじゃない!紗栄子さんが愛され続ける秘訣は”〇〇”にあった?その秘密を大公開!

ダルビッシュさんや香川真司さんなど 大物との恋を経て、ZOZOTOWNの前澤友作 …

3
ついついやってない?唇を乾燥させるNG習慣

多くの女性が悩む、唇の乾燥。空気が乾燥する冬場はもちろんですが、年中唇がカサカサ …

w621_shutterstock_298121978
シミ、シワ、毛穴、女性の三大肌の悩みを全て解消させる!自分らしくキレイにいるためのたった一つの方法

シミやシワ、毛穴の開きやくすみなど、気が付けば年齢やダメージが見え始めて、ふと鏡 …

mobile_large
美容ライター100人に聞いた”美肌になれる”おすすめスキンケアランキング

sponsored

daeagachaoaoa-768x545
この裏技知ってる?髪を乾かすだけじゃないドライヤーテクニック6選

女の子ならもう知っている?ドライヤーは髪を乾かすだけに使うにはもったいない!! …

gs0001
ダイエットなのに胸まで大きくなる!?女性らしいモテBODYのための裏技が凄すぎる…!
th_sum
寝る前に塗るだけで…!?芸能界一背中がキレイと言われる手島優が教える背中ニキビの治し方とは

自分で確認したり、気を使ってケアをするのが特に難しいのが背中。 普段はあまり見せ …

0004
「えっ…私の抜け毛多すぎ?」発毛を促進してくれる地肌ケアで-5歳を叶えてみませんか?

「髪は女の命」と呼ばれるほどに女性にとっては大事なものですよね。