あなたはやってる?お米を炊くとき『氷』をいれるだけで美味しく炊けちゃう!

   

みなさん家でお米を炊く時どうしてますか?お米を洗って指定の位置まで水を貯めてボタンをポチッが一般的な流れかと思いますが、そこに『氷』を加えると美味しく炊けるらしいんです!

知っている人は知っている!?

出典:www.tumblr.com

以外と皆さん、知っている人は知っているようです。実際にすでにこの炊き方で米を炊いている人も多くいました。

実際に炊いてみた人の感想は、『米の見た目から違う』『ふわっと炊き上がる』というように効果を感じていて、美味しく炊けるそうです。

やり方がこちら!

出典:00pon00.blog130.fc2.com

やり方はとっても簡単です!お米をとぎ炊飯器に入れたら、氷(2つほど)を投入してから水を目盛りまで注ぎます。吸水時間をとり、後はスイッチを入れるだけでOK♪

注ぐ水が、冷蔵庫で冷やした状態だとより美味しく炊けるそうです。重要なのはお米を冷やすことのようですね。

美味しくなる理由

出典:www.eco-morikawa.com

では、なぜ氷を入れたり冷たい水を使うことで美味しく炊き上がるのか、理由を調べてみました。

水分の吸収が良くなる

米のデンプン質は水温が低いほど水分の吸収がよくなります。そのため、氷を入れることで水温が下がり、お米の芯まで水分が浸透しておいしく炊けるというわけです。

沸騰するまでの時間が重要

お米は沸騰するまでの時間がゆっくりだと、甘みが増すと言われています。これは甘み成分を作り出す分解酵素が働く80度に達するまでの時間が長くなり、より働けるようになるからだと考えられています。

保温中にも使えるらしい!!

出典:wired.jp

米を炊いた後、保温時間が長いと黄色く変色したり、米がパサパサしてしまいます、氷を入れることでこれも回避できる効果があるそうです!

食べる30分ほど前に氷を入れておこう

保温して米にパサつきが感じられる際は、食べる30分ほど前に氷を入れることでしっとりしたご飯に変わるそうです。これは古い米を炊く時にも同じように氷を入れて炊くことでおいしく炊き上がります。

電子ジャーで保温する時間の目安は、4~6時間です。4~6時間を越える保温は、ご飯の艶を奪い、変色や臭いの元になります。

出典:nouen.rui.ne.jp

みなさんも試してみて♪

出典:kurashinista.jp

氷を入れるだけなので特に面倒に感じず実践することができますね。こちらの炊き方はお米やさんの方もやっている炊き方なのだそうなので、ぜひみなさんも真似して美味しいご飯を食べるようにしましょう♪

 - グルメ・スポット

スポンサードリンク

  ピックアップ

  関連記事

th_bizyo
忙しくて髪がまとまらないあなたに!時短ヘアアレンジはいかが?

家事や仕事、お化粧と…毎日忙しい生活を送る女性たち。 そんな中でヘアースタイルに …

4-19-300x298
そのまま髪を洗ってない?美しい髪を手に入れるために気をつけたいポイント5つ

髪は女性の命と言われているように、きれいでツヤのある髪は、より女性の美しさを際立 …

th_sam1-300x200
恋する気持ちを忘れてしまった女性に試してもらいたい!4つの処方箋で生活を充実させよう♪

学校や仕事に集中しすぎて、気づいたら長いこと彼氏がいない、と言う女性が増えてきて …

th_sam1
意外に知られていない!?バナナがもたらす嬉しい美容効果を大公開!

スーパーにいけば手軽に手に入れることができるバナナ。なんとなく体にいいと言うこと …

1
寝る前の空腹感はコレを食べよう♪痩せ体質にしてくれる食べ物5選

寝る前の食事は禁物!ということが一般的な印象でしたが、太るどころか痩せ体質にして …

th_01
話題の『テニスボールダイエット』でたるんだお腹周りを引き締めよう♪

様々なダイエット方法が誕生していますが、テニスボールを使ったダイエット法をご存知 …

th_01
寒い冬のお出かけには欠かせない!押さえておきたいマフラーの巻き方

厳しい寒さを迎えるこの時期、外に出かけるのが億劫になりますよね。そんな時に重宝す …

th_yyy112_png
ダウンタウンDXで紹介された、山田優やモデルが短期間で激痩せした方法がすごい

産後わずか2ヶ月という早さでモデル業に復帰したのにも関わらず、見事なスタイルを披 …

th_%ef%bc%91
芸能人もハマってる?自宅でできる、コスパ最強の◯◯ホワイトニングに驚きの声

私は笑顔に自信がありませんでした。 というのも、笑った時に黄ばんでいる歯が見える …

1
かわいいからかっこいいまで!恋を叶えるネイルは「アローネイル」で決まり♪

最近女子の間で人気になっているネイルデザイン「アローネイル」はご存知ですか?ハー …