この裏技知ってる?髪を乾かすだけじゃないドライヤーテクニック6選

   

女の子ならもう知っている?ドライヤーは髪を乾かすだけに使うにはもったいない!!
困った時の時短テクニックや美容にも使える。
まだ知らない人は是非使ってみてください


ドライヤーの使い方が沢山あってびっくり!!!

出典:lemeraude-hair.com

毎日、お風呂上りにお世話になっているドライヤー。
髪の質を高めるにも研究されていて日々進化していますね。
そんなドライヤーを使った裏技を今回紹介させて頂きますので試してみてください。

すぐにできちゃうドライヤーテクニック6選!!!

1 折れた口紅を修復する

出典:shoppies.jp

買ったばっかの口紅が使っているうちにポキッと折れてしまう。。。。
カンタンにくっつけるには、折れた断面をドライヤーで温めてから、元の位置に押しつけるようにして接着すればOK。
しばらく冷やしておけば、元通りになります。
焦らずこの手順を試してみてください

2 化粧崩れを防いでくれる!!!

出典:topicks.jp

これから夏に向けて汗なので化粧が崩れてしまう事があると思います
そんな時はドライヤーを使いましょう。
いつものように化粧水や乳液をつけたら、ドライヤーを冷風にして30cmほど離した状態で顔にあて、冷やします。
肌が冷えてきたところで、下地やファンデーションをつけ、仕上げにもう一度冷やすことで、汗や皮脂で化粧崩れするのを防ぐことができます

3 服のニオイを抑えてくれる

出典:www.plazahomes.co.jp

これから新社会人を迎える方は飲み会が多くなるかもしれません。
焼肉やタバコのニオイがぷんぷん……。
そんなときには、ドライヤーを冷風にして服全体にあてれば、ニオイを軽減することができます。
面倒なクリーニングにいかなくても大丈夫です

4 靴のサイズを合わせられちゃう

出典:irorio.jp

買ったばかりの靴がちょっとキツい・・・・
そんな時は、分厚い靴下を履いた状態でその靴を履き、靴全体にまんべんなくドライヤーの温風を当てます。
熱が冷めるまで履いた状態にすると、足が痛くならないピッタリサイズに。

5 くるっとしたまつげが簡単に作れちゃう

出典:www.princesslash.com

いつも使っているビューラーを、ドライヤーの温風で温めてから使う。
すると何度も押さえつけなくてもすぐにカールが作れるうえ、くるっとした状態が長持ちします。

6 傘やバッグの撥水効果を復活させれちゃう

出典:www.drwallet.jp

傘などのレイングッズや撥水加工を施したバッグが、使っているうちに水を弾かなくなってしまう事ってあると思います。
そんな時はドライヤーの温風を全体にまんべんなく当てましょう。
そうすることで、撥水加工材が甦り、再びしっかり水を弾くように!

 - 美容・コスメ

スポンサードリンク

  ピックアップ

  関連記事

1
一体何が正しいの?白髪を見つけた時の対処法とは

髪をブラッシングしていたら、髪の毛の一部にキラキラと光る白いなにかが…年を重ねる …

th_nekoze
体の不調を克服して見栄えするスタイルに!猫背を改善する方法

街中を歩いている時、ふとショーウィンドウに映る自分の姿を見ると、背が丸まっていて …

aassdd
お腹のたるみが超すっきり…!美容大国・韓国で大絶賛された「貼るだけ」シートを貼った効果がすごすぎた

[PR]GLANd

th_sam1-300x200
恋する気持ちを忘れてしまった女性に試してもらいたい!4つの処方箋で生活を充実させよう♪

学校や仕事に集中しすぎて、気づいたら長いこと彼氏がいない、と言う女性が増えてきて …

th_samm
冬の冷えには『生姜湯』がオススメ♡朝飲むだけで美しく痩せられる

冬の季節がもたらす『冷え』は万病の元とも言われ、女性の体には特に悪影響をもたらし …

5
細胞の働きを正常化してキレイに!細胞レベルで行う「時計遺伝子」美容法が大注目

女性は日々、美容に関して様々な対策をしているかと思います。良い化粧品を使ったり、 …

1
意外?納得?男子の本音を徹底解説!モテ髪、非モテ髪の違いとは

男性にウケが良いモテ髪、逆にウケが悪い非モテ髪…どのようなヘアスタイルか想像つき …

gazou13-600x300
綺麗な女の子はガムを噛んでいる!ガムの美容効果を理解して今すぐ美人になっちゃおう!

飴やグミやチョコをなら毎日食べています!そんな女の子もガムの美容効果を聞いたらガ …

sam
美しい人はみんな食べている!世界三大美女が愛した美容に良い3つの食べ物

世界三大美女であるクレオパトラ、楊貴妃、小野小町の3人は美容のためにある食材を好 …

画像8
美意識が高い女性はここで差をつける!会社でも最低限持っておきたい美容グッズがこちら

一日の中で、あなたが最も多くの時間を過ごす時間はどこですか?よくよく考えてみると …